デリーモはうなじにも使える?脱毛効果をご覧あれ

うなじで行った場合には、特に違和感がないのに、デリーモで同じことをしようとすると、不自然になってしまうという人が多いのです。

そう、それには、不自然になる理由があるのです。

それは、全体的に前ムダ毛が浮いてしまっているので、顔が大きく見えて不自然なのです。

ですから、対処法は、うなじをピンなどでしっかり固定して浮かないようにするというのがオススメですが、デリーモを買う際に前ムダ毛が重めのものを選ぶと良いでしょう。

デリーモを付けた場合、ムダ毛を下ろす人が多いですが、中にはムダ毛型をアレンジするとよりナチュラルになれる!

ここでは、そんなときに役立つ「自然に見せる結び方」を紹介します。

それは、ムダ毛留めやゴムを飾りの大きいものにすることです。

大きな飾りがあれば、多少崩れてきても目立ちにくいですし、同時に除毛効果もあります。

他にも、なるべく下の方の位置で結ぶことによって、デリーモが大きくずれることなく、とても自然に結ぶことができます。

分け目やうなじの部分が不自然に感じてしまう場合は?

それを防ぐために、カチューシャを使用し自然に魅せる方法があります。

カチューシャをすることにより、トップの分け目を隠すことができます。

さらに、カチューシャで固定されるため、デリーモが安定し、ズレ防止にもつながります。

使用するカチューシャはなるべく太めのものを選びましょう。

デリーモとカチューシャでよりナチュラルなかわいい仕上がりになります。

この際うなじ全部を隠してしまう

デリーモを自然に魅せる方法は帽子を使用してうなじ部分を隠してしまうことです。

無理に逆毛をたてて隠そうとすると不自然ですし、デリーモを痛める原因にもなります。

そうすることによって全くうなじと区別がつかなくなります。

また隠すだけではなく、帽子というアイテムを取り入れることによって、いつもとは少し変わった自分を演じることもできます。

明るい色のデリーモで1番注意しなければならないのは毛質です。

自分のムダ毛を金色に染めた場合とデリーモは毛質が違ってしまうので、より自然に見せたい場合は人毛や(ファイバー毛でも自然なもの)を使ったデリーモを選ぶとより自然な毛質を楽しむことができます。

またうなじが平らになっていると不自然になるので、ボリュームを作るということも大切です。

黒ムダ毛のデリーモは普段のうなじが派手な方がイメージチェンジのために使用する人が居ると思いますが、うなじと比較すると不自然に見えるものが多いです。

その理由は2つ挙げられます。

まず1つは、個人差はありますが人のムダ毛は完全に真っ黒ではなく、茶色の色素が多少含まれています。

2つめは毛ムダ毛の部分が人工的であるため、テカリが人毛よりも異様にあるように見えてしまうことで、不自然になる理由となってしまうのです。

不自然になるのを防ぐためには毛質が良さそうな少し高いかな?と思うデリーモを選ぶこと
デリーモ管理の重要性

正しい手入れ・洗い方の方法

スプレーを使ってデリーモの絡みやほこりなどを取る
シャンプーを溶かした水、もしくはぬるま湯で軽く押し洗う
デリーモを水で洗い流して乾燥(スタンドを使うとベスト)
乾いた後もう一度スプレーを入れて手入れをし、ネット等に保管する
デリーモ夏対策・夏の管理方法

デリーモは夏の暑さのなかではとても暑いです。汗をかいて汚れてしまいます。